大阪府・岸和田市・堺市・和泉市・泉佐野市・泉南市の会社設立・宅建業・産廃業・運送業等の許可申請は「南大阪 許認可手続サポートデスク」へ

南大阪・堺・和泉・岸和田・貝塚・泉佐野・泉南で会社設立、建設業・産廃業・古物商・介護タクシー等の許認可申請手続きを徹底サポート!

メインイメージ

【酒類販売】新規免許申請に必要な書類について

酒類販売免許申請サポート


酒類販売業免許の新規申請に必要な書類は次のとおりとなります。
申請するにあたって、どれだけの書類が必要となるのかをご確認ください。


書類の名称

留意事項

酒類販売業免許申請書

必要事項を記載します。

販売場の敷地の状況

建物の一部であっても建物の全体図にその位
置を示します。

建物等の配置図

倉庫部分や、酒類の陳列場所における表示に
ついて明示します。

事業の概要

店舗等の広さ、什器備品等について記載し
ます。

収支の見込み

事業計画、規模にあった収支見込みを作成し
ます。

所要資金の額及び調達方法

自己資金の場合は、資金捻出の根拠説明書、
融資の場合は融資証明書を添付します。

酒類の販売管理の方法

「酒類の販売管理の方法」に関する取組計画
書を記載します。

一般酒類小売業免許申請書
チェック表

添付書類を確認しチェックする表です。

酒類販売業免許の免許要件
誓約書

申請者、申請者の法定代理人、申請法人の役
員及び申請販売場の支配人について、提出し
ます。

法人の登記事項証明書及び
定款の写し

登記事項証明書は、履歴事項全部証明書をご
用意ください。

住民票の写し

住民票写しは、本籍の記載のあるものに限り
ます。

申請者の履歴書

法人の場合には、監査役を含めた役員全員の
職歴を記載します。

契約書等の写し

土地、建物、設備等が賃貸借の場合は賃貸借
契約書の写しをご用意ください。

土地及び建物の登記事項
証明書

登記事項証明書は、全部事項証明書をご用意
ください。

最終事業年度以前3事業年
度の財務諸表

申請者が個人の場合には、収支計算書を添付
します。

10

都道府県及び市町村が発行
する納税証明書

①未納の税額がない旨
②2年以内に滞納処分を受けたことがない旨
の両方の証明が必要です。
また、法人の場合には、証明事項に「地方法
人特別税」を含める必要があります。


申請書式は、下記国税庁WEBサイトからダウンロードできます。


          ≫ 酒類の販売業免許の申請|酒類関係|国税庁


酒類販売業免許の申請はお任せ下さい!


当事務所では、
お酒の販売をはじめたい方の酒類販売免許のご相談、
税務署との打ち合わせ、申請書類の作成・申請手続きの
サポートを行っております。


酒類販売業の開業をお考えの事業主様のために無料相談も実施中です。


  店舗を構えてお酒を販売したい(一般酒類小売業免許)
  居酒屋や料理店にお酒を卸したい(一般酒類小売業免許)
  インターネットを通じてお酒の通信販売をしたい(通信販売酒類小売業免許)
  酒類販売業免許を取得したいけど、どのようにすればよいのか分からない?
  開業準備に専念したいので、書類の作成や提出は任せたい!


などでお悩みの事業主様は、まずは、当事務所の無料相談をご利用下さい。
ご相談を頂いたからといって、当事務所に依頼をしなければならないということは、
決してありません。


事前説明や見積もり、行政書士の人柄、今後のお付き合いのことなどを考えて頂いた上で、
ご依頼頂けたのであれば、誠心誠意、お手続きを進めさせて頂きます。


酒類販売免許の申請はお任せください! 酒類販売免許の区分と種類
酒類販売業免許を受けるための要件 酒類販売業免許申請に必要な書類


会社設立・許認可手続き 出張無料相談受付中!南大阪 許認可手続サポートデスクご利用のメリット南大阪 許認可手続サポートデスク サービスメニュー


南大阪 許認可手続サポートデスク


業務対応エリア


大阪府 : 堺市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
      町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町

和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市



バナー

運営事務所概要

行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
9:00~20:00(日・祝除く)
行政書士 中村 武

  ≫ 運営事務所について
  ≫ 当事務所の経営方針
  ≫ ご依頼のメリット
  ≫ サービス及び報酬額一覧
バナー

事業内容

画像
最新技術と自然との調和を目指して
画像
革新的な技術で世の中を動かす企業を目指す
画像
最新技術と自然との調和を目指して