大阪府・岸和田市・堺市・和泉市・泉佐野市・泉南市の会社設立・宅建業・産廃業・運送業等の許可申請は「南大阪 許認可手続サポートデスク」へ

南大阪・堺・和泉・岸和田・貝塚・泉佐野・泉南で会社設立、建設業・産廃業・古物商・介護タクシー等の許認可申請手続きを徹底サポート!

メインイメージ

【古物商】古物商許可取得後の手続き

○古物商許可申請メニュー
古物商許可申請サポート古物商許可手続の概要古物商許可の要件許可取得後の手続き


古物商の許可は、誰でも受けられるものではありません。
法律では、以下の欠格事由に該当する方については、古物商の許可を受けることはできないとされています(法第4条)。

個人許可については、申請者本人管理者全員
法人許可については、監査役を含めた役員全員管理者全員
が欠格事由に該当していないことが必要です。

(1)成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの

   申請する際には、「登記されていないことの証明書」及び市町村長が発行する「身分証明
   書
」を提出することにより該当しないことを証明します。
   被補助人については、許可を受けることが可能です。

(2)禁錮以上の刑に処せられ、又は第31条に規定する罪若しくは刑法第247条、第254
   条若しくは第256条第2項に規定する罪を犯して罰金の刑に処せられ、その執行を終わ
   り、又は執行を受けることのなくなった日から起算して5年を経過しない者
 
   第31条とは、許可を受けてなかったり、虚偽や不正な手段により許可を受けた場合の罰
   則が規定されてあります。
   また、刑法第247条は背任罪、第254条は遺失物等横領罪、第256条第2項は盗品
   の運搬・保管・有償譲受けの罪に該当します。
  
(3)住居の定まらない者

   住所については、申請者「住民票」

(4)第24条の規定により古物その古物営業の許可取り消され、当該取消しの日から起算して
   5年を経過しない者

(5)第24条の規定による許可の取消しに係る聴聞の期日及び場所が公示された日から当該取
   消しをする日又は取消しをしないことを決定する日の間に第8条第1項第1号の規定によ
   る許可証返納をした者で、当該返納の日から起算して5年を経過しないもの

(6)営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者。ただし、その者が古物商又は古
   物市場主の相続人であって、その法定代理人が前各号のいずれにも該当しない場合を除く

   未成年でも婚姻している者や、古物商の相続人で法定代理人が欠格事由に該当しない場合
   には、申請することができます。

(7)営業所又は古物市場ごとに第13条第1項の管理者を選任すると認められないことについ
   て相当な理由がある者

(8)法人で、その役員のうちに第1号から第5号までのいずれかに該当する者があるもの

※その他、賃貸や親族所有の物件などで古物営業を行う場合には、所有者から「使用承諾書
 をもらう必要があります。
 よって、所有者から、古物営業として当該物件を使用することを許してもらえなければ、その
 住所では、古物営業を行うことができませんので、必ず、事前に所有者にご確認下さい。

 また、中古車や中古車部品を取り扱う場合には、中古車を保管するスペース(駐車場)が確保さ
 れている必要があります(申請時に、賃貸借契約書の写しなどが必要になります)。




 ○南大阪の古物商許可申請ならお任せください!
  
  

会社設立・許認可手続き 出張無料相談受付中!南大阪 許認可手続サポートデスクご利用のメリット南大阪 許認可手続サポートデスク サービスメニュー

南大阪 許認可手続サポートデスク


業務対応エリア


大阪府: 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・松原市・和泉市・高石市・泉大津市
     忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町

和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市

 

バナー

運営事務所概要

行政書士中村法務事務所
代表 中村 武
大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
J.T.Y.21 302号
072‐424‐8576
info@nakamura-houmu.com
9:00~20:00(日・祝除く)
行政書士 中村 武

  ≫ 運営事務所について
  ≫ 当事務所の経営方針
  ≫ ご依頼のメリット
  ≫ サービス及び報酬額一覧
バナー

事業内容

画像
最新技術と自然との調和を目指して
画像
革新的な技術で世の中を動かす企業を目指す
画像
最新技術と自然との調和を目指して